スポーツチャンバラ 護心館 不動塾
東京都スポーツチャンバラ協会公認
足立区・江東区スポーツチャンバラ協会

5月5日は「こどもの日」。

2022年5月6日


昨日はゴールデン・ウィーク最後の祝日、「こどもの日」。みなさん楽しい休日を過ごしたでしょうか?わたしは趣味の銭湯巡りで、スカイツリーのお膝元にある「薬師湯」へ、チャリを走らせひとっ風呂浴びに行ってきました。駅周辺は人の波でごった返し、まるでここは原宿か?と思わせる様相。それにしても久しぶりに大勢のひとを目にし、コロナにもめげない人の強さを感じました。
さて、みなさんは「こどもの日」の意味や由来は知っているでしょうか?昔は「端午の節句」と呼び、男の子の健やかな成長や幸せを祈り、お祝いをする日でした。でも本当はこどものお祝いだけでなく、「お母さんに感謝する」という意味もある日なのです。自分だけ楽しい思いをするのでなく、この日は日頃の感謝を込め何でも言いからお母さんのお手伝いなんかしてみてくれると嬉しいです。
「こどもの日」と言えば、鯉のぼり。昔は街のあちこちにのぼっていましたが、東京では観ることが少なくなりました。「鯉」は流れの強く速い川でも元気に泳ぎ、滝さえのぼってしまう魚。そんな鯉のように逞しく大きくなって欲しいという願いが込められ飾っていました。また、「兜」を飾るのは身を護って元気に育てとの願いが込められ、柏餅を食べるのも、柏の葉は新しい芽が出るまで落ちないということから、“子孫繁栄”の縁起ものとされています。そして「菖蒲湯」に入るのには、武家社会の時代に「勝負」や「尚武」などの言葉にかけられた菖蒲に、逞しく成長することを願ったことが今も続いている習慣です。こんなにも多くの意味を持つ習慣は日本の伝統。あらためて日本の国に伝わる素晴らしい風習に感謝です。お母さんたちにも、合わせて感謝です。

門下生募集告知
スポチャン不動塾・護身拳道三芯館では常時、生徒を募集しております。興味がある方は、是非体験にお出で下さい。問い合わせは、090-3448-1135または、03-3646-4995 植草までご連絡をください。

関連記事

  1. ちょっと気の早い「2012・道場交流暑気払いの集い」のお知らせ。
  2. 7月・8月の江東区の稽古についてのお知らせ。
  3. 夏休みに行われる、足立区「親子スポチャン・無料体験教室」開催のお知らせ。
  4. 足立区のスポチャン稽古、再開について・・・。
  5. 「緊急事態宣言」解除による、“東陽道場”稽古再開のお知らせ。

護心館不動塾: 植草 | NEWS |